よもやま話;日々 あれこれ

日々、感じたこと、関心あること、興味あること、綴っていきたいと思います

見つめる

しっかりと見つめること まっすぐに見つめること 物事のあるべき姿を 見つけること あるべきものを あるべき姿にする それだけで良い

生命を感じ 生命と共に生きる 自然を感じ 自然と共に生きる 側にある美を感じ 美と共に生きる 世の中は 多様性に溢れている だからこそ、面白い

カケラ

全ては 大切な生命のカケラ 壊さないように だけど、 繊細に扱いすぎないように たとえ ひとつひとつが小さくとも 磨けば輝きを増してゆくもの 小さいものほど大切に

走る

今に心を置いて 夢中でひた走ることは 実はとても楽しいこと

眠りから目覚めゆく 生命の声に耳を澄ませましょう 視覚では捉えきれない 世界から豊かな音が溢れゆく 耳をすませて 自然の声を聞きましょう

アオ

花の青 涼しげで軽やかで 爽やかに花ひらくアオ 植物が持つ青の美しさ

芽吹き

私達は、皆、 成長する力を持っている 自らの可能性を信じて 引き出してあげること 人が持つ可能性の力は 果てしない

緑に映える黒 日常にある コントラストの美しさ アスファルトでもなく 土でもなく 芝生に映える 影の美しさの不思議

花ひらく

固く閉ざしているものを ゆっくりと開いてあげましょう 滞っているものには 風を通してあげましょう 閉じこもることなく 頑なになりすぎず 風に乗ってヒラヒラと ふんわりとやんわりと 暖かく柔らかい 色とりどりの世界は目の前に

配る

気配り 心配り 自分の中にある 目に見えないものを 形に変えて人に配るということ 配りすぎると 疲れる事もあるけれど 配れる相手がいるという事は きっと幸せなこと 人から受け取るもの 自分の中にあるもの 目に見えないからこそ 大切にする心を忘れないこと

区別

したいこと すべきこと できること この違いを明確にすること この差について把握すること 常に意識すべき大切なこと

三輪山

自らの命の音を聞く 生きる力の音を聞く そこに宿る圧倒的であり、 絶対的なものと繋がりをもつのは 命そのものであるということ 全ては個であり、 全ては1つであるということ 三輪のお山で感じた ある日のお話

2018

ニュートラルにフラットに シンプルにオープンに 自らが持てる資源の力を 最大限に生かす生き方をする 2018年の目標にすべき 項目の1つ

アップデート

身の回りの 小さなことで構わない 世界が良くなるように 自ら働きかけにいきましょう 持てる力を行動に 持てる頭を考えに 持てる心を感動に 日々、 心と頭と力を アップデート

クリエイティブ

人間関係も身体も 日々、作り上げるもの 毎日は、 クリエイティブで 満ち溢れている

他の何者になるのではなく、 他の何者を目指すのではなく、 私は私であれば良い これが何よりも大切なこと

輝き

自分の中にある輝きを 生かしましょう 皆、それぞれが持つ 大切な個性の輝き くすませるのも 輝かせるのも自分次第 かけがけえのない 輝きを磨き続けましょう

イメージカラー

誰かを表す色 誰かを思い出す色 何色でも良いはずなのに、 なぜかその人を連想させる色がある イメージカラーの不思議

匂い

お日様の匂い 花の匂い 風の匂い 季節と共に 多くの情報を 届けてくれる香りの数々 目に見えるものだけでなく 五感を使って季節を楽しみましょう

アイデア

つい最近、 アイデアの神様が 舞い降りてきました 閃きは、 サッと舞い降りて サッと消えゆくもの 誰かを喜ばせる事ができる 閃きは常にキャッチしたい 大切なもの

身体

身体を 動かすということ 身体が 機能的に動くということ これは 決定的に違うということ

枝葉

感情は 葉っぱのようなもの 枝の先で揺れ動く 不確かなものであるということ 不確かなものに 心が揺れ動かされることなく、 何を落とし、 何を育てるのかを 的確に判断できる人に なりたいなと思います

巨樹

大地に根を下ろし、 天に向かって 真っ直ぐに伸びる 疲れた人がいれば、 休める木陰を作れる人になる 喉が乾く人がいれば、 果実を与えられる人になる 心が乾く人がいれば、 安らぎを与える花を 咲かせることができる人になる 浮き足立たず、 誠実に実直に …

カッシーニ

つい最近、カッシーニが 最期の日を迎えました あなたが魅せてくれた 魅力ある世界の数々 地球から遠く離れた場所で 頑張ってくれたあなたのことは ずっと忘れません

飛行機

飛ぶべき進路は自らが決める 風に身を任せることも 良いけれど、 どのように飛び立ち、 どのように目的地にたどり着くのかを 常に考える事はきっと重要 自らが持つ 飛行機の可能性は 常に開発したいもの

信じる 人の言葉と書いて信 自信とは 自らの言葉を信じること 信念とは 信じた言葉を念ずること 信用とは 働きを信じること 信頼とは 信じた働きを頼ること 信が持つ 力強さと奥深さ

老い

老いを悲しむと いうことは、 歩んできた 人生を悲しむことと同じこと 自らが歩んだ道のりは 自らで認めてあげましょう 皆それぞれが持つ かけがえのない道のりは 皆それぞれに素晴らしい

リズム

人の身体には 太古の生命のリズムが 刻みこまれている 人の身体には 地球のリズムが 刻みこまれている 私の身体は 宇宙のリズムと 共に生きている 身体に宿る 生命のリズムの美しさ

新緑

緑の色 緑の音 緑の光 新緑の色は 果てしなく柔らかいこと 新緑の音は 軽やかで心地よいこと 新緑の光は 穏やかに世界を包み込むこと そばにある自然の美しさに ふと気づいたある日の話

変化

心は、 日々、移ろいゆくもの 自身の変化 周囲の変化 社会の変化 多くの影響を受けて、 変化を遂げゆくもの 今の心の変化は 目指すべき方向に進んでいるのか。 大切な何かを置き忘れていないか。 自身の原点は何であったのか。 変化を楽しみながら、 定期的…